工場の仕事

【工場面接の7つの注意点とよくある8の質問】現役の私がお答えします!

工場面接 アイキャッチ
ヤスハル
ヤスハル
工場面接の7つのポイントとよく聞かれる8の質問について詳しく解説しています。

こんにちは、ヤスハルです!

今日は、【工場面接の7つの注意点とよくある8の質問】について詳しく書きたいと思います!

私は、現在、石川県にある某工場の派遣で働いていて、今の工場を含め、3つの会社と3つの工場を経験しました。

工場の前は、東京のIT企業で勤務していて、私の学歴では入れないような会社にも数社転職しました。

その経験を踏まえて、工場面接のポイントをお伝えますね。

まゆみ
まゆみ
工場面接って、難しいの?落ちることあるの?
ヤスハル
ヤスハル
工場の正社員であれば、学歴や職歴などを見られるので多少ハードルは高いですが、工場派遣なら95%は受かりますよ。

結論から言うと、工場面接を通過する主なポイントは下記3点です。

  1. 履歴書を正確にきちんと書く。
  2. 面接に清潔な身だしなみで行くこと
  3. 適性検査をクリアすること

特に、履歴書を正しく書くことはもちろん、第一印象がかなり重要なので、清潔な服装・身だしなみで面接に臨むことが、面接合格のポイントですね。

では、以下に、工場面接の7つのポイント、工場面接でよく聞かれる8の質問について詳しく解説しますね!

工場面接の7つのポイント

履歴書

工場面接の7つのポイントを下記に解説します。

  1. 履歴書を正確にきちんと書く
  2. 面接当日は履歴書を持っていく
  3. 待ち合わせ場所に10分前には到着する
  4. 清潔な身だしなみにする
  5. 過度な化粧は控える
  6. 面接の時はハキハキ答える
  7. 適性検査をクリアする

履歴書を正確に書く

履歴書

工場面接の1つ目のポイントは、履歴書を正確にきちんと書くことです。

字が下手でも全く問題なくて、それよりも、正確に丁寧に書いた方が面接官の印象が良くなりますね。

学歴や職歴などは、詐称(いつわること)せずに正確に書きましょう。

工場派遣の場合は、履歴書を細かくチェックすることはほとんどないですが、工場の正社員の場合は、学歴や職歴を調べる可能性もあります。

ヤスハル
ヤスハル
私も、転職が多いので、職歴を短くしたいなーと思うことがあるのですが、正確に書くことが心がけてます!

学歴や職歴の詐称が、後からわかった場合は、解雇などの措置が取られる可能性があるので、注意しましょう。

それと、履歴書は書いても、データに入力してもどちらでも大丈夫です。

面接当日は履歴書を持っていく

工場

工場面接当日には、必ず履歴書を持っていきましょう。

面接官は、事前に登録された面接者のデータがあるので、自分の履歴書を1部持参します。

データで履歴書を入力したなら、事前に印刷して持っていきましょう。

待ち合わせ場所に10分前には到着する

会場

面接の待ち合わせ場所には、10分前には着くようにしましょう。

少し早めに面接会場付近に着いた方が、心の余裕ができて、面接がうまく行きます。

ヤスハル
ヤスハル
私が面接を受けるときは、15分前には面接会場付近に着いて、「今回の面接もうまく行く!」って言い聞かせてますよ。

面接官がいる部屋には、待ち合わせ時間の5分前に訪問(または部屋をノック)するようにします。

面接官も忙しいので、あまり早く来られても、会議室が開いてなかったり、別の面接をしていることがあります。

清潔な身だしなみにする

身だしなみ

面接で一番重要なのは、「清潔な身だしなみで臨むこと」です!

具体的には、下記6点です。

  1. スーツやチノパン・シャツなど清潔な服装で面接に行く
  2. 茶髪・金髪にしない。
  3. ロン毛にしない。
  4. 爪は短く切る。
  5. 短すぎるスカートは着ない。
  6. 長すぎるヒールは履かない

清潔な身だしなみにするのは、面接官の印象も良くするのもあるんですが、実際に工場で働くときも、清潔な身だしなみが求められるからんですよ。

まゆみ
まゆみ
えっ、短いスカートはダメ?ヒールも?
ヤスハル
ヤスハル
工場って、あまり派手な服装はNGなんですよ。良くも悪くも規律を重視するのですよね。

過度な化粧は控える

化粧

女性に関しては、過度な化粧は控えた方がいいですね。

普通の会社で、営業や事務などの仕事をするなら、過度な化粧をしてても仕事に支障がない限り、何か言われることがありません。

でも、工場は、先ほども説明した通り、「ルールとか規律」を重視するので、できれば過度な化粧は避けた方が面接官の印象が良くなります。

まゆみ
まゆみ
過度な化粧って、どんなイメージかしら?
ヤスハル
ヤスハル
例えば、色気を誘うような化粧ですね。あと過度な香水もやめた方がいいです。

面接の時はハキハキ答える

面接

面接の時に、ハキハキ答えると面接官の印象が良くなりますね。

面接官から聞かれた質問に対して、ダラダラと答えるではなく、簡潔にシンプルに答えた方がいいです。

まゆみ
まゆみ
うまくしゃべれない人とかどもってしまう人はどうすればいいの?
ヤスハル
ヤスハル
うまくしゃべろうとせずに、聞かれた質問に回答するだけでいいと思います。

私も、正直コミュニケーションが上手くないので、その気持ちはよく分かります。

私の場合は、事前にどんな質問がでるのかを考えて、それに対する回答を準備しています。

そうすると、いざ、聞かれても慌てなくて済むんですよね。

それに工場って、正社員も派遣社員も、コミュニケーションが苦手な人って結構いるので、対人関係が苦手でも、安心してくださいね。

適性検査をクリアする

適性検査

工場面接の最後のポイントは、「適性検査をクリアする」です。

適性検査には、いくつかの落とし穴があります。

例えば

  • うつや統合失調症など精神的な問題を抱えていないか
  • 仕事に集中できるかどうか(何か問題を抱えていないか)

などです。

適正検査なので、事前に対策するのは良くないですが、

  • 最近、落ちこむことが多い。
  • 夜、眠れないことが多い。
  • 物事に集中するのが難しい。

こんな質問があったら、全てNOにしておきましょうね。

それと、適性検査とは別に、簡単な計算問題(足し算・掛け算・割り算・分数)を出す会社もあります。

出来なくても問題ないと思いますが、万全の状態で臨みたい方は、多少、復習しておいてもいいかもしれません。

工場面接でよく聞かれる8の質問

工場面接でよく聞かれる8の質問を、下記に解説します。

  1. 学歴について説明してください
  2. 職歴について説明してください
  3. 長所と短所を教えてください
  4. 自己PRはありますか?
  5. パソコンは使えますか?
  6. いつから勤務できますか?
  7. 質問はありますか?

学歴について説明してください

工場面接の限らずどの面接でも聞かれるのが、学歴についてです。

履歴書に書いた内容に沿って、自分の学歴を正確に伝えましょう。

職歴について説明してください

職歴も面接では必ず聞かれる質問です。

面接官は、
「この人がどんな仕事をしてきたのか?」
「工場の仕事に関係する経験はあるのか?」
に興味があります。

いつ、どんな仕事をしてきたのか、わかりやすく簡潔に伝えましょう。

長所と短所を教えてください

工場派遣の面接だとあまり聞かれないかもしれませんが、工場の正社員面接だと必ず聞かれます。

自分の長所と短所って、普段は意識していないことなので、面接時にスムーズに答えられるように事前に考えておきましょう。

資格があれば教えてください

フォークリフト、クレーン運転士、溶接技能者、危険物取扱者、電気工事士、QC検定など、工場に関連する資格があれば、面接官に伝えましょう。

資格をアピールすることで、自分の能力に合った部署に配属される可能性が高くなります。

自己PRはありますか?

自己PRは、工場の正社員なら必ず聞かれる質問です。

例えば、

  • 半導体工場での経験があるから、半導体関連の仕事が出来ます!
  • QC検定の資格があるから、検査や品質管理の仕事が向いています!
  • 手先が器用で細かい仕事が好きなので、小さな部品を扱ったり、検査する仕事が向いています!

など、自分の経験・資格・性格などに合わせて、自己アピールをしましょう!

パソコンは使えますか?

「パソコンが使えますか?」というのは、意外に聞かれる質問です。

「パソコンが出来て当たり前!」と思っている人には、びっくりする質問なのですが、世の中には、できない人がまだまだいます。

工場の正社員なら、パソコンができないと仕事になりませんが、工場の派遣なら、パソコンができなくても問題ないので、正直に答えましょう。

いつから勤務できますか?

面接の最後の方に聞かれるのが「いつから勤務できますか?」です。

工場側でも「いつから来てほしい」希望があるはずなので、それを聞いたうえで、勤務日の調整をしましょう。

工場派遣の場合は、「明日から来れますか?」「1週間後は?」など急ぎで人を募集しているところが多いです。

なので、1ヵ月以内に動けるスケジュールで、面接に臨むことをおススメします。

質問はありますか?

面接の最後に聞かれるのが、「質問はありますか?」です。

もし、正社員の場合は、2点くらい質問した方が「この人、積極的だな」「前向きだな」と捉えてくれる可能性があります。

工場派遣なら、あまり関係ないので、「特にありません。」でも問題ないです。

まとめ(これから工場面接を受ける方へ)

まとめ

ここまで、【工場面接の7つの注意点とよくある8の質問】を詳しく解説しました!

冒頭で、

  • 工場の正社員は面接のハードルが多少高い。
  • 工場派遣なら95%は受かる。

ということを書きました。

少し補足すると、工場でも大手企業の工場の正社員なら面接通過のハードルが高いし、中小企業・町工場など規模が小さくなるにつれて、ハードルが下がります。

大手企業の工場の正社員は、大卒なら生産管理や開発の仕事が多く高卒なら現場管理や現場の仕事が多くなるので、学歴・職歴が重視されますね。

工場派遣は、ほとんどの人(95%)は受かるけど、5%は落ちることがあります。

実際に工場派遣の面接をしていた人に聞くと、

  • 面接の態度がすごく悪い。
  • 完全に金髪、男性でロン毛。
  • 髭がぼうぼう。

など、大半が面接時の態度だったり、外見だったそうです。

普通の人は工場面接には受かるということですね。

工場は、比較的時間も作り易くて安定してるのでメリットも多いです。

まずは、工場面接に行ってみましょう!