YouTube

今流行のオンラインサロンとは?

こんにちは。やっちゃんねるです!

私は、11月にYouTubeのオンラインサロン「共に学ぶサロン」を開設するのですが、そもそも、「オンラインサロンってどんなところかご存じでしょうか?」

ヤスオ

怪しい宗教なのか!? なんかうさんくせーな!

サロンに入らないと具体的な活動が見えないので、そう思う方もひょっとしたらいるかもしれません(笑)

オンラインサロンは、クローズドなコミュニティのことです。

同じ方向性を持つ仲間が集まり、クローズドなチャットやライブを通じて、情報収集したり、活動の拠り所にする場所です。

調べてみると、著名な芸能人もオンラインサロンを開設していますね。

私自身も、これまで4つのオンラインサロンに入っていたことがあり、何かを目指す人にとっては、「メリットしかない!」と思っています。

では、以下にオンラインサロンについて説明したいと思います!

オンラインサロンとは?

私は以下4つのオンラインサロンに入っていたことがあり、その経験をもとに説明したいと思います。

  1. YouTubeのサロン(2つ)
  2. ブログのサロン
  3. 西野亮廣エンタメ研究所

オンラインサロンは、冒頭で説明した通り、月額会費制のクローズドなコミュニティのことです。

オンラインサロンには、サロンのオーナーとサロン生がいます。

  • サロンオーナー

サロンオーナーは、サロンの主催者のことです。

サロンによっては主催者が2名いることもありますが、「共に学ぶサロン」では、やっちゃんねる1名です。

サロン主催者=サロン運営者になりますが、サロン参加者が多いと、主催者とは別に運営スタッフがいることもあります。

  • サロン生

サロン生は、サロンに加入している参加者のことです。

サロンによって参加者数は様々で、 西野亮廣さんが運営する「西野亮廣エンタメ研究所」は、参加者が5万人以上(2021年10月22日時点)、日本最大のサロンとも言われています。

オンラインサロンのプラットフォーム

オンラインサロンの多くは、オンラインサロンを運営する会社の専用プラットフォームを利用して運営されます。

この2社が有名ですね。

私が入っていたYouTubeサロンは2つとも、Campfireのプラットフォームを利用していました。

共に学ぶサロン」もCampfireのプラットフォームを利用しています。

ブログのサロンはDMMでした。

オンラインサロンを開設するには、運営会社への申請が必要で、申請に通らないとサロンを開設できません。

かなり細かくチェックされるので、情報商材を売りつけるようなサロンは、審査に通らないんじゃないかなと思います。

オンラインサロンの金額

オンラインサロンは、月額制になっていて、月会費はサロンによって異なります。

私が入っていたサロンの月会費は以下の通りです。

  • ブログのサロン 6,980円
  • YouTubeのサロンA 2,980円
  • YouTubeのサロンB 2,200円

ブログのサロンは、1,000~10,000円と幅がありますが、5,000~6,000円くらいのところが多い印象です。

YouTubeのサロンは、あまり数が多くないのですが、会員数が100人前後のところは、3,000円くらいの印象です。

サロンによっては、入り口は500円、中級者は3,000円、上級者は10,000円など段階を設けているところもあります。

サロンで提供されること

サロンの趣旨によって異なりますが、以下2つに大別されると思います。

  • ノウハウの提供

ブログやYouTubeのサロンなどは、ノウハウの提供・共有・サロン生同士の交流などが主になります。
これらは主に、slackやdiscordのようなチャットシステムで提供されます。

チャットは文字のやり取りなので、それを補完するために、ライブなどを取り入れたりしています(具体的な質問や悩み相談など)。

  • 皆で一緒に何かを行う

こういうサロンに入ったことがないので、実際にはよくわかりませんが、サークル的なノリで、皆で一緒に何かをする感じのようです。
カズレーザーさん(カズレーザーとクイズ天国・難問地獄(仮)のサロンでは、サロン生同士でクイズを楽しむという趣旨ですね。

私の「共に学ぶサロ」では、ノウハウの提供・共有・交流がメインになります。

ノウハウ系のサロンの場合、サロンオーナーは、以下のようなことを行います。

  • 自分のノウハウの共有
  • チャットの運営(質問への回答や自分の成功・失敗談を共有など)
  • ライブの開催(質問や悩みへの回答)
  • 入退会の管理 など

オンラインサロンのメリット

私の経験から、ノウハウ系のオンラインサロンのメリットは、以下5点です。

  1. サロンオーナーのノウハウを得られる
  2. 客観的な視点が得られる
  3. プラスの刺激が得られる
  4. サロン生の成功・失敗体験を得られる
  5. 切磋琢磨できる

ブログやYouTubeの実践的なノウハウは、ネットを検索しても得られないことが多いです。

ブログは多種多様な情報が書かれているので、それを見ながらある程度は自分でできるんですが、YouTubeについては、ほとんど情報がありません。

どこの誰だか分からない個人や会社が、広告誘導のために書いているものが多く、また、一般論ばかりで経験に基づいた情報はほとんどありません。

サロン(クローズドなコミュニティ)の一番のメリットは、経験に基づいた情報が得られることだと思います。

オンラインサロンのデメリット

オンラインサロンのデメリットは、以下3点です。

  1. 月会費がかかる
  2. 比較してしまう
  3. 伸びないと辛い

オンラインサロンのデメリットは、月会費がかかることです。

YouTubeやブログの難しいところは、「誰でもうまく行くわけでない」ことです。

私がYouTubeサロンに入っていた時も、「伸びる人」もいれば、「伸びない人」もいました。
色々やってみたけど、どうにもうまくいかず、「伸びている人」と比較して落ち込んだり、辛くなってやめてしまう方もいました。

サロンをどのように活用し、自分のモチベーションにするかが、とても重要になりますね。

まとめ

長文をお読みいただきありがとうございます!

ここまでオンラインサロンについて、説明をしました。

改めて、オンラインサロンの有効性を考えてみると、以下4点ありました。

  1. サロンオーナーの経験と知識が得られる
  2. サロン生の成功・失敗の経験を得られる
  3. 時間と労力を節約できる
  4. モチベーションを上げられる

会社や組織の枠を外れて自分で何かをする場合は、私の経験から、99%失敗します。

私は、自分の力で何かしようと思いましたが約4年間全くうまく行きませんでした。
次に、ブログで生計を立てたいと思って、1年間死ぬ気でやって、月に2,000円しか稼げませんでした。

「自分で稼ぐ」というのは、それだけ大変なんですよね。

オンラインサロンは、「うまくいく可能性を高める場所」だと思っています。

一定の結果を出した人のノウハウを得て、切磋琢磨する仲間と一緒に刺激し合い、試行錯誤すれば、それなりの結果は出ると私は考えています。

目標に向かって頑張っていきましょう!